シェイプアップ

バランスボールを使ってお腹(下腹)痩せする3つの方法

   

バランスボールを使ってトレーニングやストレッチをすれば、ぽっこり出たお腹や下腹部を引き締めることができます。

ただ腹筋などをするよりも楽しく実践でき、続けやすいのでおすすめですね。

この記事では、

・バランスボールでお腹痩せするストレッチ方法
・バランスボールでお腹痩せするトレーニング方法

などをパーソナルトレーナー歴11年の伊藤出(@itou_izuru)が解説します。

 

詳しいプロフィール≫ YouTubeはこちら≫

\毎月1名限定!通常料金の50%OFF/

バランスボールを使ってお腹(下腹)痩せする方法:ストレッチ編

まずはストレッチでお腹痩せする方法をご紹介します。

1、バランスボールを左右に転がす

1、バランスボールの上に座り、脚を肩幅に開く
2、肩の位置を固定し、ボールを左右に転がす
3、軽くウエストを動かす
4、これを1分間行う

2、バランスボールを前後に転がす

1、バランスボールの上に座り、脚を肩幅に開く
2、ボールを前後に転がすように、骨盤を前後傾させる
3、これを1分間行う

3、円を描くようにバランスボールを転がす

1、バランスボールの上に座り、脚を肩幅に開く
2、円を描くように、バランスボールをお尻で動かす
3、これを1分間行い、逆回しを1分間行う

4、体幹を軽く捻る

1、仰向けになり、バランスボールの上に膝を伸ばして足を乗せる
2、脚は肩幅に開き、リラックスしておく
3、バランスボールを左右に転がすように、軽く体幹を捻る
4、これを1分間行う

5、両膝を曲げて体幹を捻る

1、仰向けになり、バランスボールの上に両膝を90度で足を乗せる
2、脚は腰幅に開き、リラックスしておく
3、両膝を左右に倒すように体幹を捻る
4、これを1分間行う

こういった方法でお腹周りの筋肉を緩めることでお腹痩せしたり、下腹部を引き締めることができます。

お腹をより引き締めたい方は、「【徹底解説】くびれがない原因とくびれを作る5つの方法」や「【徹底解説】腰回りにお肉がつく原因と落とす6つの方法」も参考にどうぞ。

 

バランスボールを使ってお腹(下腹)痩せする方法:腹筋編

続いては、バランスボールを使った腹筋などのトレーニング方法をご紹介します。

1、シットアップ

1、バランスボールの上に座り、脚を肩幅に開く
2、両手を耳に当て、身体を少し丸めながら寝かせる
3、背骨を1本ずつ丸めるように身体を起こす
4、再度身体をボールに寝かせるように倒れ、この動作を繰り返す
5、これを20回×3セット行う

2、ツイストシットアップ

1、バランスボールの上に座り、脚を肩幅に開く
2、両手を耳に当て、身体を少し丸めながら寝かせる
3、背骨を1本ずつ丸めつつ、捻りながら身体を起こす
4、再度身体をボールに寝かせるように倒れ、左右に捻りながら繰り返す
5、これを20回×3セット行う

3、ローテーション

1、バランスボールの上に座り、脚を肩幅に開く
2、身体を少し丸めつつ、身体を後方に倒す
3、腕を天井方向に伸ばし、手のひらを合わせる
4、身体を左右に捻るように、両腕を左右に倒す
5、これを20回×3セット行う

4、ウエストリフト

1、バランスボールに手をつき、腕立て伏せの状態になる
2、みぞおちの真裏を天井に突き上げるように身体を持ち上げる
3、持ち上げた身体を下げ、再度持ち上げる動作を繰り返す
4、これを10回×3セット行う

5、サイドベント

1、横腹をバランスボールの頂点に乗せ、脚を前後に軽く開く
2、両手は耳に沿え、身体をボールに沿わせる
3、そこから体側を縮めるように身体を真横に起こす
4、そして再度身体を下げ、同じ動きを繰り返す
5、これを20回×3セット行う

こういった腹筋を行うと、よりお腹回りを引き締めることができます。

もし本気でお腹周りを引き締めたい方は、「仕事中にもできる!座り・立ちながらできる腹筋を鍛える7つの方法」や「即効性あり!寝ながらお腹痩せする7つのストレッチ・筋トレ方法」も参考にどうぞ。

 

バランスボールを使ってお腹(下腹)痩せする方法:トレーニング編

腹筋以外にも、以下のようなトレーニングを行うことでお腹痩せすることができます。

1、バックローテーション

1、バランスボールの上に仰向けになり、脚を肩幅に開いて伸ばす
2、両手は耳に当て、頭から脚を一直線にする
3、その状態で、体幹を左右へ捻る
4、これを20回×3セット行う

2、ベントオーバー

1、バランスボールの上に座り、骨盤を軽く立てる
2、両手を耳に沿えて、体幹を軽く力ませる
3、そこから顔と胸を前に突き出し、身体をお辞儀させる
4、このとき、背中が反らないように注意する
5、腰を支点に身体を起こす
6、これを20回×3セット行う

3、ワンハンドアームプレス

1、バランスボールの上に座り、骨盤を軽く立てる
2、両手を肩の前辺りで構える
3、バランスボールを片側に軽く転がし、同じ側の腕を引き上げる
4、このとき、体側を伸ばすイメージで腕を上げる
5、バランスボールを戻しながら腕を下げる
6、同じ要領で逆側も行う
7、これを20回×3セット行う

4、ニーアップ

1、バランスボールに手をつき、腕立て伏せの状態になる
2、膝を交互に胸に引き寄せる
3、このとき、下腹部に力を入れるように繰り返す
4、これを20回×3セット行う

こういったトレーニングは、週2~3回の頻度で行うことでお腹痩せすることができるので、ぜひ参考に実践してみてください。

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ちなみに、お腹痩せしたい方は以下の記事も参考になると思うので、よかったらどうぞ。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

パーソナルトレーナー 伊藤 出

神戸・摂津本山にあるパーソナルトレーニングジムIDEALSTYLEの代表・パーソナルトレーナー/高校在学中に板前修業に入る→1年で退職→沖縄でフィットネスジムのインストラクター→芦屋女性専門サロンでパーソナルトレーナー→独立(神戸・御影にパーソナルトレーニングジムIDEALSTYLEオープン)

最近の記事

  1. 【ダイエット】トランポリンで脚やせ・お腹痩せする4つの方法

  2. 腹筋をするとお腹が盛り上がる原因と5つの改善方法

  3. 産後の下半身太りの原因と脚やせする7つの方法

  4. 【根本改善】ムチムチ・むっちり太ももを細くする5つの方法

  5. パーソナルトレーニングで健康の維持・向上する5つの方法

おすすめ記事