その他

いつまで続ける?パーソナルトレーニングの適切な頻度や継続期間を解説

   

パーソナルトレーニングを受ける前、または受けている方は「継続期間」や「頻度」について考えたことはありませんか?

「いつまで続けるべき?」「適切な頻度は?」という質問もよく受けますが、これは個人によって回答が大きく変わってきます。

この記事では、

・パーソナルトレーニングの適切な頻度
・パーソナルトレーニングをいつまで続けるべきか

などをパーソナルトレーナー歴11年、IDEALSTYLE代表の伊藤出(@izuru_style)がご紹介します。

 

詳しいプロフィール≫ YouTubeはこちら≫

\毎月1名限定!100,000円お得キャンペーン/

パーソナルトレーニングの適切な頻度とは

まず最初に、パーソナルトレーニングの頻度の考え方について解説します。

クライアントさんが通える頻度でOK

一番の軸になるのは、

クライアントさんが無理なく通える頻度

が最もおすすめです。

パーソナルトレーニングは安くないですし、それぞれいろんなご事情などもあると思うので、まずはクライアントさんが通いやすい頻度で通ってもらえればOKです。

この頻度に合わせてパーソナルトレーナーはメニューを構成し、結果を出していきます。

https://ideal-style-personal.com/wp-content/uploads/2021/06/IDEAL-吹き出し.png
いずる

パーソナルトレーニングだけで補えないことは、自宅や日常などで行ってもらえるように、宿題みたいなものをお渡しして対応します!

基本的には、

希望された頻度の中で、最大の成果が出せるようにさまざなご指導を行っていく

というのが、パーソナルトレーニングのベースであり、頻度の決め方になるのかなと思います。

理想の頻度は週2回

ただ、より結果を求める方の場合であれば、

週2回の頻度が理想

なんですね。この頻度の理由は明確にあって、

・シェイプアップ
・ダイエット
・筋肉を大きくする

などの目的の場合、トレーニングなどで筋肉を刺激します。この刺激の頻度によって、筋肉がどのように変わるのかは生理学で決まっているんですね。

それが以下の通りです。

・10日以上に1回の刺激=低下
・1週間に1回の刺激=現状維持
・1週間に2回の刺激=向上

筋肉をつけるにせよ、引き締めるにせよ、トレーニングの頻度が週2回あれば身体は変化していきます。

https://ideal-style-personal.com/wp-content/uploads/2021/06/IDEAL-吹き出し.png
いずる

もちろん、トレーニングの内容が適切であるということが条件です。

どれだけ適切な刺激を加えても、“週1回の頻度”でしかトレーニングしていない場合、現状維持にしかならず身体は変化しづらいんですね。

ですので、

身体を変えるためのトレーニング頻度は、週2回が理想

というわけです。パーソナルトレーニングが週1回の頻度の場合は、もう1回はご自分でする必要があります。

ここまでのことをまとめると、

・本気で身体を変えたい=パーソナル週2回が理想
・身体を変えたい=パーソナル週1回+自分で1回

こんなイメージですね。

続けやすいのは週1回の頻度

ただ、目的によっては週1回のパーソナルトレーニングで十分なこともあります。

・健康維持
・痛みの改善
・不調の改善
・姿勢の改善 など

こういった目的の場合、本当に成果を出すために必要なことは、

日常の習慣を変えることがメイン

になるはずです。

日常生活でどのようなことを意識して過ごせばいいのか、どういう習慣に変えればいいのか、

その具体的な内容ややり方、変更点を確認するのが週1回のパーソナルトレーニングの役割

となります。

ですので、上記の目的の場合は週2回の頻度は不要だと思いますね。

https://ideal-style-personal.com/wp-content/uploads/2021/06/IDEAL-吹き出し.png
いずる

もちろん上記の目的であっても週2回通っていただくほうが、より効果が高まるのは確かです!

月1回でも効果あり

僕は神戸でパーソナルトレーニングジムを運営していますが、月1回東京にも出張に行っているんですね。

東京の方は、

基本的に月1回の頻度

でセッションを継続していますが、東京の方には宿題をお渡しする形で、1ヶ月間を過ごしていただきます。

メールで対応できることは常に連絡を取り合っており、こういう月1回のパーソナルトレーニングであっても、1ヶ月間の過ごし方をご指導して身体を変えることもできます。

こういった上記の理由から、パーソナルトレーニングの頻度については、

・理想の頻度は週2回
・自分のペースで通いたい方は、週1回でもOK
・週1回の場合は、もう1日自分でトレーニングを行う
・月1回の指導でも、やるべきことがわかれば身体は変わる

と考えてもらえればOKですね。

システム上頻度が決まっているところもある

パーソナルトレーニングの頻度の考え方は上記の通りですが、短期間のパーソナルトレーニングジムの場合は、

システム上、週2回の頻度と決まっているところが多い

ですね。

この場合は指示通り通えばいいと思いますし、長期的に身体を変えていきたい方は、上記を参考にパーソナルトレーニングの頻度を決めてもらえればと思います。

 

いつまで続ける?パーソナルトレーニングの継続期間

続いては、パーソナルトレーニングの継続期間の考え方について解説します。

継続期間も個人によって変わる

継続期間の考え方は、大きく分けて3つ考えられます。

1、2~3ヶ月間の短期とシステムで決まっている
2、自分で身体を変えられるようになりたい=2~3ヶ月間
3、1人ではトレーニングが継続できない=長期間

それぞれ解説しますね。

2~3ヶ月間の短期とシステムで決まっている

上記でも少し触れた通り、パーソナルジムのシステム上期間が決まっている場合は、

約2~3ヶ月間でパーソナルトレーニングは終了

となります。

延長オプションなどもありますが、基本的には2~3ヶ月間の短期でパーソナルトレーニングを終える形ですね。

ここで問題になってくるのが、先ほども触れた、

身体を変えるための“頻度”の問題

です。もしパーソナルトレーニングを終了し、そのまま何もしなければ、確実にリバウンドしたりトレーニング成果を失います。

そのため、パーソナルトレーニング終了後も自分でトレーニングを継続することは必須なんですね。

自分で身体を変えられるようになりたい=2~3ヶ月間

もし今後、パーソナルトレーニングを受けずに「自分で体を変えられるようになりたい」という方は、

パーソナルトレーニングを受ける期間は、2~3ヶ月間

でいいかもしれません。

この理由は、2~3ヶ月間で自分の身体を変えるノウハウを学び、後はそれを自分で実践するという形に変更するからです。

自分でトレーニングができるようにパーソナルトレーニングを受けるという目的であれば、そこまで長い期間の指導は受けなくてもいいと思いますね。

1人ではトレーニングが継続できない=長期間

ただ、自分1人ではトレーニングなどができない方の場合は、区切りと感じるまで継続することをおすすめします。

また、パーソナルトレーニングで行っている内容が自分でもできるようになれば、そのときが卒業のタイミングでしょう。

ですので、パーソナルトレーニングをいつまで続ければいいの?と疑問に思っている方は、上記を参考に継続期間を決めてもらえるとOKですね。

https://ideal-style-personal.com/wp-content/uploads/2021/06/IDEAL-吹き出し.png
いずる

自分1人でできるかどうかが大きな指標になり、あとは自分の性格などを考慮して決めれば問題ありません!

今回は、パーソナルトレーニングの頻度や期間についてお伝えしていきました。

・基本は、クライアントさんが頻度を決めてもらうとOK
・その中で結果を出せるように、トレーナー側が調節する
・身体の変化を軸にすれば、トレーニングは週2回必要
・パーソナルトレーニングの理想の頻度は、週2回
・ただ、痛みの改善などの目的であれば週1回で十分

僕個人の意見としては、クライアントさんが無理なく通える頻度を選択していただいて、その中で成果を出せるようにメニューの提案をするのがパーソナルトレーナーの仕事だと思います。

もし、

https://ideal-style-personal.com/wp-content/uploads/2021/06/IDEAL-吹き出し.png
いずる

自分の場合はどのくらいの頻度が適切なんだろう?

と思っている方は、メールなどで聞いていただけるとお伝えできるので、気軽にご相談くださいね。

今回の内容が少しでも参考になればうれしく思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

パーソナルトレーナー 伊藤 出

神戸・摂津本山にあるパーソナルトレーニングジムIDEALSTYLEの代表・パーソナルトレーナー/高校在学中に板前修業に入る→1年で退職→沖縄でフィットネスジムのインストラクター→芦屋女性専門サロンでパーソナルトレーナー→独立(神戸・御影にパーソナルトレーニングジムIDEALSTYLEオープン)

最近の記事

  1. パーソナルトレーニングで健康の維持・向上する5つの方法

  2. 野球選手に行うパーソナルトレーニングの具体例

  3. 本当に痩せる?カエル足で脚やせする4つの方法

  4. パーソナルトレーニングが無駄になる理由と3つの対処方法

  5. エア自転車こぎは効果ない?メリットややり方11選を解説

おすすめ記事