シェイプアップ

生まれつき?肋骨(あばら骨)が出てる原因と引っ込める4つの方法

   

生まれつき肋骨(あばら骨)が出てると感じる方は、まず体幹の捻れや歪みを整えることが重要になります。

その中で肋骨をさまざまな方向に軽く押すことで、今まで出てると感じる肋骨を引っ込めることができます。

この記事では、

・生まれつき?肋骨が出てる原因
・出てる肋骨を引っ込める4つの方法

などをパーソナルトレーナー歴11年の伊藤出(@izuru_style)が解説します。

今回の内容はYouTubeでも解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

 

詳しいプロフィール≫ YouTubeはこちら≫

\毎月1名限定!通常料金の50%OFF/

生まれつき?肋骨(あばら骨)が出てる原因

生まれつき出ているように感じる肋骨は、なぜボコッと出てしまうのでしょうか?

姿勢の癖がある

実際に現場でもよく見られる原因の1つに、

胸を突き出すように立っている

ということがあります。

例えば、自然な状態で立てるとこういう姿勢になるはずです。

このような状態で肋骨に触れてみると、先天的に問題がなければ特別出ることはありません。

ただ、

・胸を突き出すような姿勢
・へそを突き出すような立ち方
・肩甲骨を寄せる意識がある

こういった自然な状態から姿勢が崩れると、肋骨を前方に突き出すような状態になるんですね。

肋骨に手を置いて姿勢の違いを実践していただくと、肋骨の出方が違うのがわかると思います。

こういった姿勢の崩れが影響している場合、

生まれつきではなく、姿勢の崩れによって肋骨が出るような状態になる

というわけです。

重心の位置が低くなっている

先ほどお伝えした姿勢の崩れは、前方への崩れです。もう1つ現場でよくある例が、

重心の位置が下がり、身体が縦につぶれている

ということです。

これも実際に姿勢の違いを実践するとわかりやすいですが、まずは自然な状態で立ちます。

自然な状態で立つ

このとき、肋骨に手を沿えておきます。ここから、身体を縦につぶすように重心を下げていきます。

へそを前に突き出すように立つ

そして、軽くへそを前に突き出すような姿勢になっていくと、より肋骨が前側に出ているような状態に変わります。

こういう姿勢は特に女性に多く見られ、身体が縦につぶれるように重心が下がることも肋骨が出てしまう原因の1つですね。

丸まった状態で座っている

その他の原因としては、座っているときに身体を丸めていることです。

先ほどは立ったままの状態を見ていただきましたが、座っている時にこういう丸まった姿勢になっているのも問題なんですね。

骨盤を後方に倒す

こういう座り方も身体が縦につぶれるため、長時間・長期間こういう姿勢が続いている場合は肋骨が出てきます。

生まれつきではない可能性もある

今回のテーマである肋骨の出っ張りは、先天的な変形によって起こることもあるんですね。

そういう場合は、医師から診断を受けているはず。ただ、そういった診断がない場合は生まれつきではないかもしれません。

もし上記でお伝えしたような姿勢などの問題で、後天的に発生したのであれば改善は可能です。

では、生まれつき出ていると感じていた肋骨の出っ張りは、どうすれば引っ込めることができるのでしょうか?

 

生まれつき出てると感じていた肋骨を引っ込める方法①:体幹のストレッチを行う

まず最初に行ってほしいことは、体幹のストレッチです。体幹周辺の筋肉を緩めることで、歪みや捻れが改善されて肋骨を引っ込めることができます。

1、身体を軽く反らす

1、うつ伏せになり、脚を腰幅に開く
2、両手を身体の横につく
3、腕で状態を反らし、お腹を伸ばす
4、この状態で2分間筋肉を伸ばす

2、身体を丸める

1、地面に座り、両脚を前に伸ばす
2、軽く膝を曲げ、身体を前屈させる
3、身体を丸めた状態で、背面の筋肉を伸ばす
4、この状態で2分間キープする

3、ノの字に身体を反らす

1、仰向けになり、脚を腰幅に開く
2、片脚を外側に開く
3、逆の脚も近づける
4、上半身も脚と同じ側へ反らす
5、腕も頭上に上げ、身体の側面を伸ばす
6、この状態で左右各2分間ストレッチング

4、両膝90度ストレッチング

1、仰向けになり、両手は体の横に置く
2、両足を地面から浮かせ、股関節を90度に曲げる
3、膝を真横に倒し、体幹を捻る
4、この状態で左右各2分間伸ばす

5、肋骨周辺を擦る

1、仰向けになり、両膝を90度に曲げる
2、リラックスして、肋骨周辺を優しく擦る
3、これを2分間行う

この5つである程度体幹周辺の筋肉が緩み、出っ張りも改善してきます。

ここからさらに呼吸を行って、肋骨を整えていきます。

 

生まれつき出てると感じていた肋骨を引っ込める方法②:呼吸を行う

続いての方法は、さまざまな箇所を膨らませるように深呼吸を行って筋肉を緩めていきます。

1、お腹を膨らませる呼吸

1、仰向けになり、脚を肩幅に開く
2、両手をお腹の上に置く
3、鼻から息を吸って、軽くお腹を膨らませる
4、口から息を吐いて、お腹を少し凹ませる
5、1分間お腹で深呼吸を行う

2、肋骨を横に膨らませる呼吸

1、仰向けになり、脚を肩幅に開く
2、両手を肋骨の横側に沿える
3、鼻から息を吸って、肋骨を横側に膨らませる
4、口から息を吐いて、肋骨を元の状態に戻す
5、1分間肋骨で深呼吸を行う

3、鎖骨の下を膨らませる呼吸

1、仰向けになり、脚を肩幅に開く
2、両手を鎖骨の下に置く
3、鼻から息を吸って、鎖骨の下を前に膨らませる
4、口から息を吐いて、元の状態に戻す
5、1分間鎖骨の下側で深呼吸を行う

4、3ヶ所を膨らませる呼吸

1、仰向けになり、脚を肩幅に開く
2、鼻から軽く息を吸う
3、このとき、1回の呼吸でお腹・肋骨・鎖骨と順に膨らます
4、口から息を吐いて、元の状態に戻す
5、1分間3ヶ所を膨らますように深呼吸を行う

こういった呼吸法を繰り返すことで、体幹周辺の筋肉が緩むんですね。

そうすると、より肋骨の出っ張りは改善します。さらに、次に行う調整法で肋骨が引っ込む効果を実感しやすくなります。

 

生まれつき出てると感じていた肋骨を引っ込める方法③:肋骨を押す

体幹の筋肉を緩められると、次は肋骨を押して自然なポジションに改善していきます。

https://ideal-style-personal.com/wp-content/uploads/2021/06/IDEAL-吹き出し.png
いずる

肋骨は非常に細い骨であり、あまりに強く押すと折れてしまいます。ここからの方法は、適度に肋骨の動きを感じるぐらいの力加減で行いましょう!

1、脇辺りの肋骨を押し込む

1、脇辺りの肋骨に片手を沿える
2、その手を逆の腕で軽く挟む
3、身体を倒しつつ、肋骨を軽く押し込むように圧を加える
4、肋骨の動きを感じながら左右30回押し込む

https://ideal-style-personal.com/wp-content/uploads/2021/06/IDEAL-吹き出し.png
いずる

イメージとしては、身体を少し倒しつつ手で押す感覚です。そうすると、より自然な状態に肋骨を調整しやすいですね!

2、肋骨の真中を押す

1、肋骨の真中辺りに片手を沿える
2、その手を逆の腕で軽く挟む
3、身体を倒しつつ、肋骨を軽く押し込むように圧を加える
4、肋骨の動きを感じながら左右30回押し込む

3、肋骨の下側を押す

1、肋骨の下側辺りに片手を沿える
2、その手の上に、逆の手を沿える
3、身体を倒しつつ、肋骨を軽く押し込むように圧を加える
4、肋骨の動きを感じながら左右30回押し込む

https://ideal-style-personal.com/wp-content/uploads/2021/06/IDEAL-吹き出し.png
いずる

肋骨の下側の骨は、非常に細くなっています。あまり強く押すと折れるので、ここは特に軽めでOKですね!

4、肋骨の下側を前側から押す

1、肋骨の下側前方辺りに片手を沿える
2、その手の上に、逆の手を沿える
3、肋骨を軽く押し込むように圧を加える
4、肋骨の動きを感じながら左右30回押し込む

こういった4つの方法を行ってもらうと、肋骨の出っ張りが引っ込むことが実感できると思います。

ただここで終わらず、合わせて以下の方法を行うとより肋骨の出っ張りを引っ込めることができるんですね。

応用編

上記でお伝えしたテクニックは、骨を動かして整える方法なんですね。

4つの例をご紹介しましたが、もし感覚的に慣れてくれば、

出っ張りが気になる肋骨を、凹ませたい方向に押す

ようにしてみてください。

そうすると出っ張りはより引っ込み、本当にウエストラインは綺麗に変わっていきます。

この骨を押すテクニックが上手くなれば、1週間でバスト下なども変わってくるので、ぜひ参考に実践してみてください。

ガードルなどで肋骨をおさえる

肋骨を整えられると、このタイミングで以下のようなガードルなどで適度な圧を加えていきます。

ウエストも同じですが、日頃から適度に締め付けておくと、その状態を身体が記憶して本当に肋骨などは引っ込んでいきます。

ウエストの周径囲で言えば「3~4cmぐらいの違い」が出る可能性があり、それぐらいガードルは効果的です。

https://ideal-style-personal.com/wp-content/uploads/2021/06/IDEAL-吹き出し.png
いずる

肋骨をさらに引っ込めたい方は、こういったガードルなどで適度に締めつけることはおすすめですね!

くびれなどを作りたい方は、以下の記事で詳しく解説しているので、こちらも参考にどうぞ。

【徹底解説】くびれがない原因とくびれを作る5つの方法
【徹底解説】腰回りにお肉がつく原因と落とす6つの方法

 

生まれつき出てると感じていた肋骨を引っ込める方法④:根本原因を取り除く

上記のような方法で肋骨を整えられると、必ずあわせて姿勢などの改善を行っていきましょう。

https://ideal-style-personal.com/wp-content/uploads/2021/06/IDEAL-吹き出し.png
いずる

ここが根本的な肋骨の出っ張りを改善する方法になるので、自然な姿勢を身につけることも重要ですね!

座り方の改善方法

座り方の改善方法は「正しい座り方は疲れる⁈正しい座り方を習得する4ステップ」で詳しく解説しているので、こちらをご覧ください。

立ち方の改善方法

立ち方の改善方法は「正しい立ち方とは?立ち姿勢を習得する4つの方法」や以下の動画で詳しく解説しているので、こちらをご覧ください。

ここまでの流れが実践できると、生まれつき出ていると感じた肋骨は引っ込みます。

上記を参考にぜひ実践してみてくださいね。

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

パーソナルトレーナー 伊藤 出

神戸・摂津本山にあるパーソナルトレーニングジムIDEALSTYLEの代表・パーソナルトレーナー/高校在学中に板前修業に入る→1年で退職→沖縄でフィットネスジムのインストラクター→芦屋女性専門サロンでパーソナルトレーナー→独立(神戸・御影にパーソナルトレーニングジムIDEALSTYLEオープン)

最近の記事

  1. 【ダイエット】トランポリンで脚やせ・お腹痩せする4つの方法

  2. 腹筋をするとお腹が盛り上がる原因と5つの改善方法

  3. 産後の下半身太りの原因と脚やせする7つの方法

  4. 【根本改善】ムチムチ・むっちり太ももを細くする5つの方法

  5. パーソナルトレーニングで健康の維持・向上する5つの方法

おすすめ記事