ランニング障害の主な原因は「着地」「走り方」であり、これらの改善が重要です。
根本的な原因を取り除くと快適に走れ、今までに味わったことのない感覚で走ることができます。

ランニング障害改善の考え方

不自然な姿勢・走り方が問題で痛みが発生する

ランニング後に起こる「膝の痛み」「ふくらはぎの痛み」「足首などの痛み」などで悩まれている方の走り方を見ていると、どこかに不自然さがあります。この不自然さのもとは、ランニング動作や着地のまずさであるケースがほとんどです。

こういった不自然な動作を繰り返し行うことで、部分の筋肉にかかるストレスが大きくなり、そのストレスに耐えられなくなったタイミングで痛みが発生します。

自然体に直す+走り方の改善で痛みは改善する

ランニング障害を根本的に改善しようと思うと、「全身の筋肉を緩めて自然体に直す」+「ランニング動作を自然にする」というセットが重要になります。

この2つがセットでできると、痛み改善はもちろん、今までにない感覚で気持ち良く走ることができます。

具体的な流れ

まず最初に行うことは、カウンセリングでランニング障害の根本的な原因をみつけることです。

原因がみつかると、まず身体調整によって全身の筋肉を緩めて自然体に直していきます。

自然体に直すことができると、次は着地を自然にできるように身体に教育していきます。

着地の改善ができると、次はランニング動作そのものを改善していきます。

もう1つ重要なことは、シューズの変形や走っている環境などに問題があれば見直し、根本原因を取り除いていきます。

ここまでお伝えした一連の流れをお伝えし、ご指導していくのがIDEALSTYLEのパーソナルトレーニングです。無料体験でも改善が実感できるので、ぜひ気軽にご相談ください。

また、ブログでも詳しい改善方法をお伝えしているので、こちらも参考にどうぞ。IDEALSTYLEで待ってます!

ブログはこちら≫

無料体験はこちら≫