シェイプアップ

常にお腹をへこます効果|簡単にウエストを細くする方法

   

常にお腹をへこます意識で生活していると、それだけで今よりもウエストが3~4cm細くなることはよくあります。

これはお腹の中の構造上の問題があり、ここが理解できるとウエストが細くなる理由や効果も理解しやすいと思います。

この記事では、

・常にお腹をへこますことで得られる効果や理由
・具体的な実践方法

などをパーソナルトレーナー歴11年の伊藤出(@itou_izuru)が解説します。

今回の内容は、YouTubeでも紹介しているのでこちらも参考にしてみてください。

 

詳しいプロフィール≫ YouTubeはこちら≫

常にお腹をへこますことで得られる効果や理由

お腹をへこますことで、どのような効果を得られるのでしょうか?

ウエストが細くなる

お腹をへこます意識で日頃過ごせば、それだけでウエストサイズが細くなります。

これまでお腹をへこませる意識がなかった方ほど変化は大きくなるので、この効果をよく実感できると思います。

ではなぜ、お腹をへこますだけでウエストは細くなるのでしょうか?

お腹には空洞がある

例えば、今その場でお腹をキュッと凹ませてみてください。そうすると、ほとんどの方はいつもより細くなりますよね。

重心を上げた状態で立つ

そしてへこませるのをやめると、ポコッと再度お腹は出てくると思います。

崩れた立ち方

ここからわかる通り、お腹には常に空洞があり、この空洞が小さい状態で維持できると今よりもウエストは細くなります。

ですので、日頃からお腹をへこませた状態で過ごせると、それだけでウエストダウンできるというわけです。

へこませた状態をインプットする

お腹をへこませたとき「意外ときついな…」と感じた方もいるかもしれません。

最初はこのように感じますが、人間の身体はすぐに慣れるため、1週間も続けていると当たり前のようにお腹をへこまし続けることができます。

そして、

常にお腹をへこませていると、身体がその状態をインプットして無意識でもできるようになる

という変化が起こります。

人間は、日頃から長時間行っていることをインプットし、それが自分の“普通”になるんですね。ここまでできると、今よりもかなりウエストは変わるはずです。

現場で見てみても、大体1~2週間続けると変化も実感でき、無意識でもお腹が凹み続けるようになっていますね。

では、具体的にどのようにお腹をへこませ続ければいいのでしょうか?

 

常にお腹をへこます3つの手順

基本的なやり方は、以下の通りです。

①その場でいつも通りに立つ

まず最初に、その場でいつも通りに立ちます。

崩れた立ち方

②肩をすくめて上半身を縦に引き伸ばす

そこから、肩をすくめて上半身をできるだけ引き伸ばし、重心の位置を上げていきます。

肩をすくめるように重心を上げる

このとき、軽くお腹をへこませておきます。

③肩だけリラックスさせる

そして、お腹などは縦に引き伸ばしたままキープし、すくめた肩だけリラックスして落とします。

重心を上げた状態で立つ

これでいつもより重心が引き上がり、お腹の空洞が小さくなっているため、後はこのまま過ごせばウエストは細くなっていきます。

このような感覚で、

1、座り方
2、立ち方
3、歩き方

など、日頃何気なく行う姿勢や動作中に継続的に行うだけですね。

日頃の姿勢や動作を改善すれば、より変化が実感できるので、以下の記事も参考にしてみてください。

正しい座り方は疲れる⁈正しい座り方を習得する4ステップ
正しい立ち方とは?立ち姿勢を習得する4つの方法
トレーナーが現場で指導する「正しい歩き方」の4つの習得方法

上記でお伝えしたこととあわせて、身体を縦に引き伸ばすようなトレーニングができるとよりウエストは細くできるので、こちらの記事も参考にどうぞ。

 

ドローインでお腹をへこます3つの方法

日常で常にお腹をへこますとウエストは細くなりますが、ドローインというお腹をへこますトレーニングを行ってもウエストの変化がわかりやすくなります。

今回は3つほどご紹介します。

1、仰向けでドローイン

1、仰向けになり、両膝を立てる
2、口から強く息を吐きながら、お腹をへこませる
3、息を完全に吐き切ったら息を吸い、同じことを繰り返す
4、これを10回×3セット行う

2、四つ這いでドローイン

1、四つ這いになり、目線を地面に向けておく
2、口から強く息を吐きながら、お腹をへこませる
3、息を完全に吐き切ったら息を吸い、同じことを繰り返す
4、これを10回×3セット行う

3、立ってドローイン

1、脚を肩幅に開き、リラックスして立つ
2、口から強く息を吐きながら、お腹をへこませる
3、息を完全に吐き切ったら息を吸い、同じことを繰り返す
4、これを10回×3セット行う

ドローインを活用したトレーニングは、1ヶ月間でウエストが3~4cm細くなることもよくあり、非常に即効性の高いトレーニングですね。

毎日続けるとより効果を実感できると、ウエストが気になる方はぜひ実践してみてください。

ドローインの応用トレーニング

また、こういったドローインにプラスして腕をつけて行えばより効果的なので、こちらも参考にどうぞ。

 

アイテムなどで常にお腹をへこますことも効果的

上記でお伝えした方法が実践できる方はそれでOKですが、中には「きつくて続けられない…」という方もいると思います。

そんな方は、ベストやコルセットなどをうまく活用すれば、同じような効果を実感することができます。

ベストやコルセットなどの使い方も同じ

基本的に、

など、お腹を適度に締め付けられるものであれば何でもOKです。

一番の目的は、

お腹をへこませた状態で維持すること

なので、それができるものであれば、後は自分に合ったものを選ぶだけですね。

コルセットなどの使い方

使い方は上記でお伝えした手順と同じで、肩をすくめてお腹をへこませたタイミングでコルセットなどを巻きます。

そうすると、お腹の空洞が狭い状態で維持でき、あとはその状態で過ごせばウエストサイズは変わっていきます。

このように、常にお腹をへこます効果は非常に高いので、ぜひ日頃の習慣にしてみてくださいね。今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ちなみに、お腹痩せする方法は他の記事でも紹介しているので、以下の記事も参考にどうぞ。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

パーソナルトレーナー 伊藤 出

神戸・摂津本山にあるパーソナルトレーニングジムIDEALSTYLEの代表・パーソナルトレーナー/高校在学中に板前修業に入る→1年で退職→沖縄でフィットネスジムのインストラクター→芦屋女性専門サロンでパーソナルトレーナー→独立(神戸・御影にパーソナルトレーニングジムIDEALSTYLEオープン)

最近の記事

  1. ベンチプレスで肩の痛みが出る原因と4つの改善方法

  2. 筋トレで自律神経・メンタルが悪化する原因と整える5つの方法

  3. 筋トレで使う「ポジティブ動作」「ネガティブ動作」や効果などを解説

  4. 本当に効果ある?低重量で筋肥大する4つの方法

  5. プロテインなしで筋トレ効果を上げる4つの方法