トレーニング

自宅で使える!トレーナーがおすすめする筋トレ器具・グッズ9選

   

自宅で筋トレを行う場合、ある程度グッズがある方が効率よく身体を変えることができます。

そこまで特別なものは不要ですが、ダンベルやベンチ台があれば筋トレのバリエーションは一気に増やせるかもしれません。

この記事では、

・自宅で筋トレをするときにおすすめのグッズ9選
・おすすめポイント

などをパーソナルトレーナー歴11年の伊藤出(@izuru_style)が解説します。

 

詳しいプロフィール≫ YouTubeはこちら≫

\毎月1名限定!通常料金の50%OFF/

自宅で使える!トレーナーがおすすめする筋トレ器具・グッズ①:ダンベル10kg×2個

最もおすすめなグッズの1つが10kgのダンベルです。

これが2個あるだけで、本当に多くのメニューをこなせるようになりますし、トレーニング効率が格段に上がります。

10kgダンベル2個は、持っておいて絶対に損はないですね。ちなみに、ダンベルを使った筋トレメニューは以下の記事などでいろんな方法を紹介しています。

【徹底解説】大胸筋が大きくならない原因と大きくする5つの方法
割れない原因も解説!腹筋(お腹)をバキバキに割る5つの方法
【根本改善】腕が太くならない原因と太くする4つの方法
割れない原因も解説!腹筋(お腹)をバキバキに割る5つの方法
【徹底解説】背中が大きくならない原因と大きくする4つの方法
【徹底解説】太ももが太くならない原因と太くする4つの筋トレ方法

ダンベルの詳細≫

 

自宅で使える!トレーナーがおすすめする筋トレ器具・グッズ②:フラットベンチ

上記のダンベルとあわせておすすめなのが、ベンチ台です。これも持っておいて損はない便利グッズの1つです。

特に大胸筋(胸の筋肉)を鍛えるためには、このフラットベンチがあった方がやりやすく、明らかに筋トレ効率を良くしてくれます。

現場でご指導するときも、自宅で筋トレをされる方は必ずこの①・②は揃えてもらっていますね。

ベンチ台の詳細≫

 

自宅で使える!トレーナーがおすすめする筋トレ器具・グッズ③:最新式のダンベル

ここからはあればよりいいというグッズですが、可変式のダンベルは重りを変える手間がないので重量を変えるのが楽です。

しかも24kgまで設定できるので、これが2個あればかなり全身の筋肉を鍛えることが可能です。これは、筋トレ中級者以上の人がよく使っていますね。

・ダンベルの重りを変えるのが面倒
・より効率的に筋トレをしたい
・重りを置くスペースを狭くしたい

そんな方におすすめのダンベルです。

可変式ダンベルの詳細≫

 

自宅で使える!トレーナーがおすすめする筋トレ器具・グッズ④:防音マット

自宅でダンベルなどを扱うと、地面に下ろした時に振動が気になったり、地面が傷つく可能性もあるので防音マットがあると便利です。

これは現場でも活用しているもので、あった方が足元も安定して、ケガ予防にもなりますね。

マットの詳細≫

 

自宅で使える!トレーナーがおすすめする筋トレ器具・グッズ⑤:リストストラップ

もし本気で背中や下半身の筋肉を大きくしようと思うと、リストストラップがあった方がいいですね。

リストストラップは高重量を持つ時に使用しますが、これがないと前腕部分に効きやすく、背中などに効かせづらくなるんですね。

あれば背中などを追い込みやすくなるので、筋トレ中級者以上の方は、ぜひ使ってほしいグッズの1つです。

ストラップの詳細≫

ストラップの詳しい使い方は、以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

 

自宅で使える!トレーナーがおすすめする筋トレ器具・グッズ⑥:ハンドグリップ

前腕を太くしたい場合、毎日ハンドグリップを握り続けると太くなります。前腕だけは特殊な筋肉なため、前腕を太くしたい方はハンドグリップは必須アイテムですね。

ハンドグリップの詳細≫

ちなみに、前腕を太くする方法やこの他のおすすめのアイテムは以下の記事で解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

 

自宅で使える!トレーナーがおすすめする筋トレ器具・グッズ⑦:ベンチプレス用トレーニングベンチ

自宅で本気で筋トレを頑張りたい方は、ベンチプレスができるベンチ台もおすすめです。

この一式はわりと安いですが、高重量がついてくるセットなので、本気の方には嬉しいセットだと思います。

https://ideal-style-personal.com/wp-content/uploads/2021/06/IDEAL-吹き出し.png
いずる

僕も自宅にこういうセットを置いていましたが、スペースがあればこういうのがあるとかなり筋トレ効率は上がりますね!

ベンチセットの詳細≫

 

自宅で使える!トレーナーがおすすめする筋トレ器具・グッズ⑧:スクワットラック

自宅で下半身の筋肉をつけるのは少し難しいですが、スクワットラックがあればメニューのバリエーションができるので下半身を鍛えやすくなります。

このラックがあれば、ディップスやバーを置いた状態で懸垂などもできるため、下半身強化をメインで行いたい方にはおすすめですね。

ラックの詳細≫

 

自宅で使える!トレーナーがおすすめする筋トレ器具・グッズ⑨:ワンダーコア(腹筋用)

ぽっこりお腹が気になる方は、ワンダーコアを使って腹筋すれば楽に身体を起こせますし、簡単にお腹を引っ込めることができます。

こういうマシンの大きなメリットは、楽に身体を丸めることを繰り返せば、お腹のむくみや張りが改善してウエストがスッキリするということ。

ただきつさを求めるのではなく、気持ち良く身体を丸めるだけでお腹痩せできるので、ズボラさんには特にワンダーコアはおすすめですね。

ワンダーコアの詳細≫

今回は、自宅で伝えるおすすめ筋トレ器具やグッズ9選をご紹介しました。

1、ダンベル10kg
2、フラットベンチ
3、最新式のダンベル
4、防音マット
5、リストストラップ
6、ハンドグリップ
7、ベンチプレス台
8、スクワットラック
9、ワンダーコア

個人的には、ダンベル10kg×2個とフラットベンチのセットがあれば十分だと思いますが、「これだ!」というものがあればぜひ活用してみてください。

今回は以上です。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ちなみに、おすすめのプロテインやサプリなどは以下の記事で紹介しているので、こちらも合わせて参考にどうぞ。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

パーソナルトレーナー 伊藤 出

神戸・摂津本山にあるパーソナルトレーニングジムIDEALSTYLEの代表・パーソナルトレーナー/高校在学中に板前修業に入る→1年で退職→沖縄でフィットネスジムのインストラクター→芦屋女性専門サロンでパーソナルトレーナー→独立(神戸・御影にパーソナルトレーニングジムIDEALSTYLEオープン)

最近の記事

  1. 【ダイエット】トランポリンで脚やせ・お腹痩せする4つの方法

  2. 腹筋をするとお腹が盛り上がる原因と5つの改善方法

  3. 産後の下半身太りの原因と脚やせする7つの方法

  4. 【根本改善】ムチムチ・むっちり太ももを細くする5つの方法

  5. パーソナルトレーニングで健康の維持・向上する5つの方法

おすすめ記事